header20160201

 

私が顧客化した社長たちの一例

100人のライバルが同時に同じ社長にアプローチしたとして、その社長が100人の証券マンの中からあなたを取引相手に選んでしまう社長開拓の手法を学んでみませんか?ちなみに、私はこの手法によって、42人の社長たちを次々と顧客化し、毎月1,000万円以上の手数料を稼いでいました。以下の社長たちが、私が顧客化した一例です。

 

shatyo

 

 

ノルマに追われた地獄の日々

 

私は証券営業成功塾、塾長の田中と申します。

上記のように私は社長を次々と顧客化し、トップセールスを達成しました。

その結果、会社を代表して雑誌にもこのように掲載してもらいました。

 

shuzai

 

しかし、最初から結果を出せたわけではありませんでした。

 

むしろ、私は典型的なダメ証券マンで、証券営業を始めてから最初の3年間は地獄の日々でした。会社から突き付けられる新規開拓のノルマ、投信の販売ノルマ、手数料のノルマ。3年間、どれも達成できず、とても肩身の狭い思いをしていました。

 

もともと人見知りで、

話も下手クソなくせして証券マンになり、

「一体なんで証券営業なんか選んだんだろう?」
「自分に一番向いていない仕事なんじゃないのか?」

毎日、こんな後悔をしていました。

 

結果を出せないので、僕を見る会社の目は厳しくなり、生きた心地がしませんでした。

 

挙句の果てには、全社員の前で、「お前なんか絶対に成功できるわけがないだろ!!」と社長から罵倒されました。これは私の人生の中で、今でも一番の屈辱として残っています。

 

そんな状況だったので、仕事が楽しいなんて有り得なかったですし、朝が来ると憂鬱で、会社に行きたくなかったです。本当に人生を損している気分でした。うつになる寸前でした。

 

 

成功者の世界は魅力的

 

でも、証券営業は結果を出せば出すほど手に入る報酬が大きいので、何とか結果を出したかったんです。「実績主義」という点に大きな魅力、やりがいを求めていたんです。実際、結果を出していた人は一度に数百万円という多額のボーナスをもらっていましたし、夕方も誰よりも早く帰宅していました。

 

証券営業で成功すれば一気にお金をもらえて、周りを気にせずさっさと帰れる。これがとても魅力的に見えました。多額のお金をもらえて、自由な時間が増えるなんて最高じゃないですか!だから、成功者の世界へ行こうとしたんです。

moneycoverside

 

 

ぶつかった2つの壁

 

しかし、成功したいという思いとは裏腹に、私の成功を阻む2つの壁が立ちはだかりました。

 

1つ目の壁:会社の新規開拓マニュアルの実用性の欠如

 

いざ本気で富裕層を開拓していこうと思い、改めて会社が作成した新規開拓マニュアルを精読したんです。

 

でも、会社のマニュアルが富裕層の顧客化に直結する内容だとは正直に思えませんでした。これさえあれば富裕層をバンバン開拓できるぞ!とは到底思えなかったんです。

 

というのは、書かれている内容は「一般的」で、正しいようなことは書いているけれども、 実際の現場レベルにまでは落とし込めていないと思ったんです。

 

つまり、会社の新規開拓マニュアルは一般的過ぎて、現場で活かせる生のノウハウではない。 このように感じました。

 

2つ目の壁:具体的なノウハウを教えてくれる人がいなかった

 

2つ目の壁は、富裕層の開拓方法を具体的に教えてくれる人が社内にいなかったことでした。

 

上司だって自分のノルマがあって、いかに自分の数字を達成するかが最重要なわけですから、後輩に1から10まですべてを教えてくれることはありませんでした。聞いても無難な回答やテキトーな返事しかもらえませんでした。
こういう2つの壁があって、新規開拓に取り組んだものの、やっていることに確信を持てず、なかなか結果を出せない状況が続きました。

 

 

成功へのターニングポイント

 

しかし、その後、私が結果を出せるようになるターニングポイントとなる出来事がありました。それは、同じ大学院を出た同期の存在でした。その彼は外資系の証券会社へ入社し、日本マクドナルドを創業した藤田田氏(故人)を顧客化したんです。

 

しかも藤田氏は口座を作った時、50億円を預けたんです。

たった1人の顧客化で預りが50億円増加ですよ!

すっげー!って思いましたよ。

 

同時に、たった1人でも富裕層を顧客化できれば証券営業で成功できるんだとも思いました。

 

私から見たら、同期の出した結果はとてつもなく大きな成果でした。

「それに比べて自分は何をやっているんだろう?」

「このまま平凡以下の人生で終わっていいのか?」

「成功のない人生のままでいいのか?」

そんな風に自問自答の日々が続きました。

 

そして、同期にできて俺にできないわけがない! と腹を決めて、絶対に結果を出すと固く決意したんです。

 

同期が成し遂げた大きな成果が私の心にメラメラと闘争心を燃やす大きなきっかけとなったのです。それから、社長にターゲットを絞って、試行錯誤を重ねながらも、少しずつ結果を出して行きました。

 

 

成功者の世界の素晴らしさ

 

そして、最終的に42人の社長を顧客化し、毎月1,000万円以上の手数料を稼いでいました。その結果、社内トップセールスを達成できました。

 

3年間もまるで実績を出せなかった当時からすれば、想像もできない結果を出していました。もちろん、当初あこがれていた成功者の世界も存分に味わいましたよ。 どんなメリットがあったかと言うと・・・

 

1:ノルマからの解放
ノルマは当たり前に自然と達成できるので、ノルマなんて存在しないと言えるほどになります。達成できることが分かっているので、ノルマが達成できないプレッシャーなんて1ミリもありません。まさにストレスフリー。

 

2:預かりは千万億万単位で増える
富裕層を顧客化するので、百万単位ではなく、千万、億単位で預りが増えて行きます。

 

3:手数料をガンガン稼げる
1回の注文ロットが大きいので、手数料をガンガン稼げます。

 

4:一度に多額のボーナスが手に入る
証券営業は実績に連動してボーナスをもらえることが魅力ですので、成功者の領域へ入れば、一度に数百万のボーナスをもらえます。ちなみに、こちらが私が1回のボーナスでもらっていた金額です。

bonus

一度にこれだけお金をもらえると、年収は1,000万円を超えてくるので、ある程度のお金の自由が手に入ります。洋服は大抵何でも買えますし、毎晩、東京の恵比寿にある高級鮨屋に通っていました。

 

5:社内での存在価値が一気に上がる
会社から見たら、手数料を稼いでくれる営業マンは宝ですから、存在価値が一気に上がり、大切に扱ってくれます。私の場合は、月給を何度も増やしてくれましたね。当然、肩身の狭い思いをしなくて済みます。

 

6:富裕層のネットワークが手に入る
私の場合、原則としてお金持ちだけを相手に開拓をしましたので、1人のお金持ちを顧客化して大切にできれば、その顧客とつながっているお金持ちのネットワークも手に入るんですね。

 

だから、そこから紹介も生まれやすくなりますし、そういう人と付き合うことで自分のビジネスマンとしてのレベルも上がります。

 

7:時間を気にせず早く帰れる
ノルマを楽々達成しているので、周りを気にせずとっとと帰れます。

誰にも文句を言われません。非常に快適な世界です。

 

8:仕事が楽しくて仕方がなくなる
仕事の全てがうまく回りだすので、この仕事こそ、まさに自分のための仕事だと感じるようになります。

もう、できなかったときの朝の憂鬱さが逆転して、朝が来るのが楽しくて仕方がなくなります。

 

 

あなたが成功できない真の原因

 

もし、あなたがいま結果を出せていないとしたら、その原因はあなたにあるのではありません。では、どこに原因があるのかと言うと、以下の2つの理由により、会社に原因があるのです。

 

理由1:個別詳細な新規開拓マニュアルがない

 

これについてはすでに書きましたが、会社の新規開拓マニュアルは平凡な内容です。富裕層に特化した、現場レベルでそのまま使える詳細なマニュアルではありません。

 

これはどの証券会社でも同じです。私は自分の会社以外の新規開拓マニュアルも読んでみましたが、書かれていることやレベルは同じだということが分かりました。つまり、どの証券会社も本当の意味での実用的な新規開拓マニュアルではないことが分かりました。

 

この事実から何が言えるかというと、会社の新規開拓マニュアルだけに頼って 営業活動を行っても、結果に結びつきにくいということです。

 

わかりやすく言えば、A地点まで行きたいのに、手書きの雑な地図を渡されて、そこまで行って来いと会社に指示されているようなものです。

 

本来なら、A地点に行くには、どこどこを通って、どこどこで電車に乗って、B地点経由で行くのが確実だみたいに詳細な地図と行き方を会社が教えるべきなのです。

 

でも、会社の新規開拓マニュアルという地図は雑な地図のレベルなんです。

 

それでは、A地点まで行ける証券マンが少ないのは当然だと思いませんか?

 

しかし、会社の新規開拓マニュアルはこれからも雑な地図のレベルに留まり続けます。

 

なぜなら、会社の新規開拓マニュアルは営業マンのレベルに関係なく、誰でも理解できて、実践できる程度に書かないと、会社が出すマニュアルとして不適切という考えがあるからです。

 

会社として出すからには、会社全体の営業マン全体に向けた誰でも理解できる程度の無難な内容でなければならないのです。

 

そのために、会社の新規開拓マニュアルは重要部分をそぎ落とされたような個別具体からは距離を置いた内容になってしまっているわけです。現場レベルでは役立たない、一般的な内容に落ち着いてしまっているわけです。

 

その意味で、会社のマニュアルに基づいて営業活動をしても、重要な部分が欠けているので、どうしても成果に結びつきにくいわけです。欠けているパーツは自分の努力で発見しないといけないわけです。

 

にもかかわらず、会社としてはマニュアルの通りにやって成果を出せと言って来るわけです。

 

でも、マニュアル自体が具体的ではないので、営業マンがつまづくのは当然なわけです。その意味で、悪いのは会社のマニュアルなんです。

 

会社がきっちりと具体的なマニュアルを提供してくれれば、営業でつまづく場面はかなり減るはずなのです。

営業マンも成果を出しやすくなるはずなのです。

 

理由2:社員の営業レベルを引き上げる仕組みがない

 

新規開拓マニュアルに具体的なことが書けないとしたら、会社が営業マンのレベルを引き上げる営業トレーニングを常に行えば良いじゃないかと思いますよね?

 

私もそう思っていたのですが、私の会社にはそういうトレーニングなどありませんでしたし、上司に相談しても即効で却下されました。

 

そもそも会社の上層部はそういう営業トレーニングなどやらずに今のポジションに就いている人間です。自分で実績を上げて、実力で上に這い上がって行った人たちです。

 

そういう人たちは、「自分で突破しろ」という考えの持ち主なので、営業トレーニングを行うという意見に
賛成するはずがありません。デキる奴だけが残ればいいという考えです。

 

その意味で、証券会社という組織は、営業マン個人個人を育てることはできません。

 

簡単に言えば、営業マンが成功者の世界へ行くための道を、会社はきちんと整備していない、道を作っていないのです。来れる奴だけ自分で勝手に来いというスタンスなわけです。

 

だから、成功できる人は一部で、脱落者が多いわけです。

 

そして、この構図はずっと変わりません。

 

なぜなら、営業マン一人一人を育てようとしたら莫大なコストと時間がかかるからです。

 

それに、決定権を持っている人間は、もともと実力でその立場に就いた実力者ですから、そんなもの必要ないというスタンスなわけですから、結果を出せる者だけが残って、あとは去れ、ということになるからです。

 

このように、会社という組織は、営業マン個人個人を育てることはできません。だから、営業マンは自助努力で這い上がっていくしかない。そして、ダメな営業マンは脱落していくしかない。

 

残念ながら、これが証券会社という組織の内情で、結果を出せる人が一部にとどまる構図でもあります。

 

にもかかわらず、会社はノルマだけはきっちりと毎月押し付けてくるわけです。
「今月は新規を10件開拓しろ!」
「手数料は××万円稼げ!」
「預かりは5千万円増やせ!」

もういい加減にしてくれよ、と思いませんか?

 

このように、会社が関心を持っているのはあくまで収益であって、営業マン個人の成長では絶対にないのです。

 

だから、営業マンのレベルを引き上げる会社としての仕組みは存在しないですし、これからもできないでしょう。

 

ということで、上記の2つの理由であなたが結果を出せていないとしたら、それはあなたに原因があるのではなく、会社に原因があるのだということです。だから、自分には才能がないなどと考える必要など一切ないです。

 

 

証券会社では教えてくれない成功プログラム

 

そこで、私が2006年に立ち上げたのが「証券営業成功塾」というプログラムでした。この成功塾の目的は参加者を証券営業成功者の世界へと導くことです。図示すると、こんなイメージです。

証券営業成功者の世界

このイメージ図にあるように、あなたを含めたすべての証券マンは成功者の世界か、敗者の世界のどちらかに属します。で、成功者の世界に入るためにはクリアしなければいけない絶対条件があるんです。

 

それは・・・ 富裕層(社長)を顧客化することです。

 

富裕層の顧客化なしには、成功者の世界へ行くことは絶対に不可能なんです。

なぜなら、証券営業というビジネスの本質が富裕層ビジネスだからです。

 

証券営業というビジネスはあなたが発生させる手数料で成り立っています。

 

あなたが証券営業で成功して稼げるようになるには、あなたに多額の資金を預けてくれて、多額の金融商品を何度も売買してくれる社長クラスの顧客をたくさん持つことで、手数料を稼ぐことが絶対必要条件なのです。

 

一般人を相手にして「少額」の預かりと手数料をセコセコ集めていても、時間と労力の無駄でしかなく、 成功者の世界へ行くことなど絶対に不可能なのです。

 

成功者の世界へ行くには、徹底して社長をターゲットにしなければならないのです。これ以外には証券営業での成功はありえません。

 

だからこそ、証券営業成功塾では、塾生が成功者の世界へ行けるように、私が42人の社長を顧客化した社長開拓に特化した営業手法を教えているのです。

 

証券営業成功塾のコンテンツ

 

では、どのように社長開拓の手法を教えているのかと言うと、テキスト(PDF)とメール講座によって、社長開拓のノウハウを教えています。テキストとメール講座の関係ですが、テキストの内容をメール講座によって補完説明しています。

 

それにより、ただ自分でテキストを読むよりも、理解を高められるようになっています。では、以下でテキストの内容とメール講座について説明します。

 

テキスト:証券営業で成功するための社長開拓バイブル

 

coverimage3

テキストは『証券営業で成功するための社長開拓バイブル』と題して、実際に私が42人の社長たちを顧客化したノウハウをどなたでも取り組めるように体系化しました。各章であなたがどんな具体的なノウハウを手にすることができるのか、じっくりとお読みください。

 

part1part2part3part4part5part6part7part last

 

 

メール講座

 

メール講座は上記8章について、全20回にわたって毎日メールにて解説を行います。テキストには書いていないコンテンツも含まれているので、テキストと合わせて毎日しっかり学習していただきたいです。

Fotolia_81561044_XS

 

証券営業成功塾塾生の実績

 

成功塾の内容はこれまでの説明でお分かりいただけたと思います。次に、証券営業成功塾の一部の参加者の実績を紹介します。(*プライバシーの観点から本人の顔写真は非掲載です。名前も伏せております。)

 預かり資産20億突破しました!(大手証券Hさん)

証券営業成功塾に参加すると決めた理由は、証券会社のFAとしてどうしても成功したかったからでした。それに富裕層を顧客化できなければ、この仕事の意味がないと思い始めていました。そのときに「何かないかな・・・証券営業に特化した営業のやり方を教えてくれるものは・・・」と本当に思っていたところ、タイミングよく成功塾に出会えたんです。

 

成功塾の新規開拓マニュアルには社長開拓について詳しく書かれています。社長開拓と聞くと手ごわそうですが、企業オーナーに自分の印象を植え付け、そして面談できれば活路は開けるんだということを教わりました。また、証券マン最大の武器である手紙の実例は非常に参考になりました。

 

マニュアルの内容を実践して、見込み客からいろいろと聞き出せるようになりましたし、実際に顧客もできました。迷っている人には「とりあえず一度テキストを読んでみろ!」と言いたいですね。間違いなく、証券営業戦闘力が上がりますよ。最後に、おかげさまで実績が評価され、半期に一度のリテール表彰をいただきました。月収も100万円を超えました。これも田中さんのおかげです。本当にありがとうございました。

 法人オーナー様から新規純増をいただきました!(大手証券Nさん)

先日、入塾しました。私はまだ入社2ヶ月の新人です。新人の私にとって、この成功塾は非常に価値のあるものではないかと考えて入会しました。新規開拓マニュアルを一読すると、今までの自分の新規開拓が
いかに時間の無駄であるかを痛感しました。新規開拓を始めて1ヶ月余りで新規口座を10件作ったのですが、そのどれもがせいぜい預かり1,000~3,000万程度の見込みです。自分の会社では年間純資産増5億が努力目標なのですが、今までのペースでやっていては到底届きそうにないと思っていたところでした。早速、マニュアルに書いてあった「○○を見せない」という部分を意識して実践した結果、法人オーナー様から新規純増をいただきました。田中さんの存在は私にとって最も必要な存在だと思っています。これからもこのマニュアルをもとに精一杯頑張っていく所存です。

 テキストをそのまま実践して顧客化!(中堅証券Fさん)

入社2年目なのに思うような新規開拓の結果を出せずにいて、会社に行くのがいつも嫌でした。辞めてしまおうといつも思っていましたが、その前にもう一度だけ気持ちを入れ替えてチャレンジしようと決めました。そこで、証券営業で成功できる方法を探し、証券営業成功塾にたどり着きました。私はどちらかと言えば、人間関係に器用な方ではなかったので、このマニュアルに書いてあることを忠実に実践することにしました。書いてあることは私にとってすべて勉強になることばかりで、どんどん実践してし越しずつ社長さんの見込み客が増えていきました。

 

そして、マニュアルの通りにタイミングを合わせて手紙を出したところ、すんなりと面会に持ち込めました。もちろん、面会を勝ち取るための手紙の書き方も大いに参考になりました。私にとっては初めての社長さんとの面会でしたので、マニュアルに書いてある通りに○○の力を借りたおかげで口座を作っていただくことができました。

 

あのときに辞めないで本当によかったと思いました。この成功体験を最初のステップにしてこらからも頑張ります。ありがとうございました。

 証券営業へ賭ける思いが強まりました(大手証券Tさん)

先日入塾し、『証券営業で成功するための社長開拓バイブル』を読ませていただきました。田中様がいかに証券営業に賭けていたのかを心で感じ、成功するために必要な心構えと具体的な行動を知り、感激いたしました。それと同時に、私が証券営業へ賭ける思いが強くなったと確信しています。素晴らしいマニュアルをありがとうございました。必ず実践し、成果を出したいと思います。

 実践的で明瞭な内容です(中堅証券Yさん)

証券営業1年目です。田中先生の社長開拓マニュアルは、実践に基づいて作られたマニュアルで、大変に実践的かつ分かりやすく構成されています。実際に外交に出たとき、何処に行くべきなのか、何を気を付けるべきなのかが明瞭に分かり、とても役に立ちます。また、この実践的なマニュアルを読んで就職活動中に面接に臨めば、他の学生と圧倒的な差別化が図れます。面接官もあなたがセールスで活躍していく姿を明瞭にイメージ出来ますし、自信の礎にもなります。間違いなく、今すぐ入塾を決断し、行動に移すべきだと思います。一緒に田中先生の下で、証券セールスで成功の一歩を踏み出しましょう。

 とても心強い内容です(大手証券Hさん)

入塾前に田中さんに電話相談をしてから申し込みをしました。まだテキストを拝読途中なのですが、それでも自分には無かった発想や観点が多く見つかっております。ロールモデルがいない私にとって、とても心強い味方になりそうな予感がしております。早く読み終えて、すぐにできる事からコツコツと取り組んで参ります。このような機会を与えて頂き、本当にありがとうございます。取り急ぎ、お礼を申し上げます。

 不安でしたが相談して安心しました(大手証券Eさん)

私は今年の4月から証券会社でリテール業務を行っている者です。営業店に配属されて以来、渡されたリストに電話・訪問をし続けてきましたが、開拓の成果は数件程度であり預りも数十~数百万程度での状況です。最近は「億単位の契約を取れ!」と先輩から言われており、これから手数料をしっかり稼いで戦力になるにあたり、医者や社長、法人の顧客を作ることは非常に重要だと考えております。

 

そんな折に田中様の成功塾の存在を知りましたが、その時は大変失礼ながら信用してもいいのかと不安を感じ、実際に田中様に相談をして確認をしたうえで入塾しました。そして、田中様の社長開拓バイブルを読ませていただきました。社長に会うためにどう訪問すれば良いのか?という疑問に応えるように具体的な情報が多く、早速電話・訪問などを実践しております。

 入塾してよかったです(中堅証券K)

田中様、証券営業で成功するための社長開拓バイブルを読ませていただきました。貴重な経験と情報を提供していただきありがとうございました。田中様のマニュアルは私にとって必ず財産になると思い入塾に踏み切りました。入ってよかったです。よろしくお願いいたします。

 見込み客が60件できました!(大手証券Nさん)

初めまして、私は4月に某大手証券会社に入社しましたNと申します。先日入塾し、まさに素晴らしいの一言です。とにかくこの方法を実践していこうと思っています。その後、投資をしている見込み客が60件でき、1日30件ペースでマニュアルで学んだ通りに回っています。このマニュアルの方法を実践するようになり3週間が経ちましたが、開拓できる日を夢見てワクワクしながらやっております。

 

塾生からままだまだお便りをいただいているのですが、ここでは紹介しきれませんので、上記一部のみこのページで共有させていただきました。

 

 

入塾資格

 

私はお金のために証券営業成功塾をやっているのではありません。証券営業で悩んでいるあなたを成功者の世界へ行けるようにサポートしたいという純粋な想いで動いているだけです。

 

なので、お金さえ払えば誰でもいいという考えは持っていないので、入塾できる資格をここに明記しておきます。ご自身で入塾の資格があるかどうかを判断してください。

 

証券営業成功塾の入塾資格
・証券営業で成功したいという意思があること
・自主的に行動できる人

 

入塾できない人
・行動しない人
・依存心のある人

 

後者の人は何をやっても成功しません。
これは断言しておきます。

 

あなたを成功させるのは私ではなく、あなた自身です。

入塾する以上は成功する覚悟を決めてください

 

 

証券営業成功塾へのお申し込みはこちら

price0207

成功者の世界へ行くために入塾する

credit

 

chuigaki033

 

Q & A

 

Q: 成功塾のテキストの内容は今でも通用しますか?
A: もちろん、通用します。対面営業は人が相手である以上、あなたという人間を相手に受け入れてもらう方法は不変です。このマニュアルの方法で十分です。通用しなくなったり、古くなるということはありません。

 

むしろ、これから対面営業の重要性は増していくでしょう。確かに、インターネットの普及によって私たちの生活やビジネススタイルは大幅に変化しました。ネット証券がこれだけ普及もしました。しかし、ネット証券が普及すればするほど、対面営業の良さ・価値はますます高まり、逆にその良さが無くなることはないのです。その意味でも、私のノウハウが古くなることはないと考えています。

 

それに、もし私が今この時点で証券営業をやることになったとしたら、このバイブルに書いてあるノウハウを実践します。これ以上のノウハウはないと思いますし、このノウハウこそが最大の成果を出すという自負がありますし、これ以上のものを私は知りません。実際、私はこれで成功したのです。

 

Q: 社長開拓は難しいと思うのですが、私にもできるでしょうか?

A: 42人の社長を顧客化した私から言わせれば、社長開拓こそ簡単なので、あなたにもできます。これは動かしようのない真実で、理由は3つあります。

 

理由1
社長は営業をかけられることに対して抵抗がないということです。社長は会社の売上げを伸ばすには、営業しなければならないことは重々承知しています。その意味で、営業するのは当たり前だと考えています。自分が他の業界から営業をかけられることもまた当たり前だと分かっているので、営業されることに対して抵抗がありません。なので、社長には営業をかけやすいですし、だからこそ私は42人も顧客化できたわけです。

 

理由2
社長は気に入った営業マンとはとことん付き合いたいと思う傾向があることです。社長という人種は企業の経営者です。商売人です。ビジネスは付き合いだと分かっています。上に書いたように、営業して当たり前なんだと分かっていますので、気に入った奴には対価を与えたいと思うんです。営業をかけられて当たり前だと考えているからこそ、自分が気に入った営業マンとはとことん付き合いたい、自分の懐に入れたい、と社長は思うんですよ。そういう心理が社長にあるということです。

 

理由3
社長はお金の運用に対する健全な欲を持っているということです。お金は誰にとっても大切なものですが、社長という人種はお金に対するリテラシー(知識・情報)が一般人よりもはるかに高いです。だからこそ、お金を有効に活用することで資産を増やしていきたいという健全な欲があります。

 

で、社長たちは健全な欲があるので、お金に働いてもらって増やしていきたいと考えているわけです。そのために、資産を増やせる可能性のある情報には敏感で、メリットがあればお付き合いをするわけですね。それは、銀行でも、不動産でも、保険でも、証券でも資産を増やせることに関して情報を常に求めているのです。つまりは、資産運用に関するニーズはあらかじめ持っているわけなので、社長は顧客化しやすいのです。

 

以上3つの理由で、社長開拓こそ簡単だと言えるのです。そして、これが私が42人の社長を開拓した体験から得た真実なのです。ですから、あなたにも社長を顧客化できると私は信じています。事実、ダメダメ証券マンだった私にもできたのですから。

 

Q: 会社でもらう開拓マニュアルと田中さんの社長開拓特化マニュアルの違いは何ですか?
A: 良い質問ですね。実は私もある大手証券の新規開拓マニュアルを読みました。それを読んでの正直な感想は「ま、そんなもんだよな」でした。所詮、証券会社の作成する新規開拓マニュアルなんてモノは、社内コンプライアンスというフィルターを通過させるために、現実の生々しい手法までは書けないのです。そこまで書けないマニュアルには現実的に何の意味もないのです。

 

しかも、あなたの証券会社にも会社が作成した新規開拓マニュアルがあるとしたら、それってあなたの会社で圧倒的な実績を作った営業マンが書いたものだという保証はありますか?結局、会社が作成したマニュアルは、営業マンが作成したものだとしても、あなたの手に届くまでには総務部やコンプライアンス部の人間の手によって、内容が無難なものに書き換えられ、改変され、肉をそぎ落とされたものでしかないのです。

 

だから、私は大手証券の開拓マニュアルを読んだ時に「その程度か」と感じたのです。その意味で、あなたには「その程度」レベルのマニュアルで社長を開拓できるとは思ってほしくないですし、成功できるとも思わないで下さい。

 

そして、証券会社が作成した開拓マニュアルに対する最大の違いは、私の開拓マニュアルは社長開拓に絞っていることです。しかも、42人の社長を開拓した営業ノウハウを誰でも実践できるように手順を示していることです。

 

第2の違いは、証券会社は自分たちがいかに儲かるかという会社の目線と会社の都合でマニュアルを作成しています。あなたが稼ぐかどうかは関係ないのです。会社として儲かればいいのです。しかし、私はあなたがいかに稼ぐかという視点でマニュアルを書いています。私も以前はあなたと全く同じ立場にいたのです。せっせと会社のノルマをこなしたって自分が儲かるわけではないのです。会社が儲かって自分が儲からないのはおかしなことなのです。そうではなくて、会社にも儲けさせて、同時に自分も儲けないと意味がないのです。そのためには、何が何でも社長を開拓しなければならないのです。

 

だからこそ、私は社長開拓にこだわって結果を出したのですし、あなたにも同じように結果を出してほしいのです。そこで、私はあなたが稼げるように、社長開拓に特化して、営業マンの目線でこのノウハウを作成したのです。そこが、会社の開拓マニュアルとの一番の違いです。

 

Q: 地方で営業しているので、地方でも役に立つ内容か心配です。

A: 証券営業は場所によって成否が決まるのではありません。富裕層の数には地域差はあっても、富裕層の心理というものは共通です。実際、塾生は地域を問わず結果を出しています。もし地方だから結果が出ないのではと考えているのでしたら、それは固定観念であり、営業の本質からズレていますし、失敗したときの言い訳にしかなりません。場所がどこであれ、今担当しているエリアで、成功塾のノウハウを使って結果を出すことにフォーカスしてください。

 

Q: 入塾後は何をどのように進めていけばいいのでしょうか?

A: まず、入塾後すぐにテキストをダウンロードして、テキストを最後までざっと読んでください。そして、あなたが今行っている営業手法との違いを考えてください。違いがあれば、なるべくテキストの内容を反映するように現状を修正してください。

 

で、テキストは一度読むだけで完全に理解できるわけではありませんので、毎日1回読んでください。これがテキストの内容理解を深める方法です。

 

また、テキストの理解を深めるためのメール講座も翌日から配信されますので、必ずメール講座も熟読してください。メール講座は、いわば私からあなたへの直接指導のようなものです。そして、テキストのノウハウを必ず継続的に実践することです。

 

Q: 入塾に興味はあるのですが、入塾前に相談できますか?

A: はい、入塾する前に聞きたいこと、相談したいことがあれば気軽に私にコンタクトしてきてください。
連絡先はこちらです。
info★shoukenman.net  ★は@に替えてください。

 

 

追伸:成功者の世界へ行く道はできています

 

証券営業で成功するには、社長(富裕層)を顧客化できないと不可能です。でも、証券会社の新規開拓マニュアルは、実用的な社長開拓ノウハウではありませんし、極めて不十分です。だからといって、あなたが自分の営業スキルを高められるように、会社が細かく教えてくれることもありません。

 

その意味で、あなたが所属する証券会社は、あなたが成功するためのサポートをしてくれることはありません。つまりは、あなたが成功者の世界へ行ける道を持っていません。道を整備していません。

 

だからこそ、証券会社ができない部分を、私が証券営業成功塾で実践しているのです。つまりは、実用的な社長開拓ノウハウを教えて、あなたが成功者の世界へ行けるためのサポートをしているのです。

 

だから、もう道はできているんです。
あなたが証券営業で成功するための道はすでに整っているんです。

chart

 

そして、その道を通ることで、こんなメリットを手にできるのです。

1:ノルマからの解放
2:預かりは千万億万単位で増える
3:手数料をガンガン稼げる
4:一度に多額のボーナスが手に入る
5:社内での存在価値が一気に上がる
6:富裕層のネットワークが手に入る
7:時間を気にせず早く帰れる
8:仕事が楽しくて仕方がなくなる

 

あなたの参加を心から待っています。

あなたに大きな成功が訪れますように。

 

 

証券営業成功塾へのお申し込みはこちら

 

price0207

成功者の世界へ行くために入塾する

credit

 

chuigaki033

 

 

購入前の無料相談やってます

 

証券営業成功塾への参加を決断するにあたり、どうしても私と話をしてみたい場合、ぜひお気軽にご連絡をください。あなたの悩み・不安を解消してみせます。

 

ご連絡は下記宛先までメールでお願いします。そのあとに、電話相談の日時を決定します。
info★shoukenman.net  ★を@に換えて下さい。
*メールの件名に「入塾相談」と明記して下さい。
*電話相談の希望日時を3つ書いて下さい。
*こちらからスケジュールを確認し、返信いたします。
profile0118

 

特定商取引法の表記

Copyright © 2016 証券営業成功塾 All Rights Reserved.

ed